ブルーチーズの美味しい食べ方と種類・特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブルーチーズは外観、見た目ともに強力なインパクトを発するチーズですが、多くの人を魅了するひとクセあるチーズ。

ブルーチーズの特徴やおいしい食べ方をご紹介します。

ブルーチーズの特徴

pexels-photo-248413

ブルーチーズは、 内部に青かびを植え付けることによりチーズの熟成を促進させ、独特で深みのある味に変化させたチーズです。かびと言っても体に有毒な物質は含まれておらず、むしろ健康食品の一種として食べる人もいるくらいです。匂いのきつさと刺激的な風味からチーズ初心者には敬遠されがちなブルーチーズですが、一度その魅力にはまるとやめられないくらい深い魅力を持っています。

ブルーチーズの種類〜世界三大ブルーチーズ

世界三大ブルーチーズは、ゴルゴンゾーラチーズ、ロックフォールチーズ、スティルトンチーズです。中でもゴルゴンゾーラチーズはさらに二種類に分類され、ドルチェタイプとピカンテタイプがあります。ドルチェはかびが少なめでクセが弱めなので、苦手意識を持っている人でも食べやすいです。ブルーチーズの味にあまり慣れていない人の場合は、まずドルチェのゴルゴンゾーラチーズを試してみましょう。一方のピカンテは青かびがたっぷり入っており、ピリっとした舌触りが特色です。青カビの味わいを十分に堪能したい、と言う方にぴったりの品といえます。

また、日本ではゴルゴンゾーラが有名ですが、青カビ初心者にもおすすめできるバランスのいいチーズがブルー・スティルトンです。マイルドなチーズの濃厚さと青カビのぴりっとした辛さのバランスが絶妙で、そのまま食べるのにぴったりです。

ロックフォールはこれらの中で最も青カビが強力なチーズです。非常に塩辛いので、クラッカーなどと合わせて食べるとよいでしょう。

ブルーチーズの食べ方

ブルーチーズの味わいを楽しむならそのまま食べるのがベストですが、味が強いのでワインなどと一緒に食べることをおすすめします。

基本的にブルーチーズは塩味がよく効いているため、そのままでおつまみになるでしょう。また、パンに塗ったりサラダにドレッシング代わりに載せてみたりすることもできます。

通の食べ方として、りんごなどの甘いフルーツやジャム、はちみつなどをかけて、パンやクラッカーなどと食べてみるもの大変おすすめです。ほかのチーズではなかなか合いませんが、ブルーチーズは味の濃さも塩味も強いので、甘いものとの相性が抜群です。

また、その濃厚で特徴ある香りから、パスタなどのソースに使うこともおすすめです。

ゴルゴンゾーラのパスタ、などは有名だと思いますが、パスタ以外にもグラタンやピザなどチーズを使う料理のアクセントとして使うと本格派の料理が簡単に出来上がります。

ブルーチーズを買うには

近くのスーパーにはいろいろなブルーチーズが売っていない!という人のために、ブルーチーズが買える通販サイトをご紹介します。

 

いかがでしたか?

青カビは苦手…と思っている方も、一度おすすめの食べ方で食べてみると印象がガラッと変わったりします。

また、ゴルゴンゾーラ、スティルトンなどの銘柄次第でも大きく変わるので、ぜひ新しいブルーチーズにチャレンジしてみてください。

チーズについて詳しく知るには

チーズをもっと詳しく知るには、webで学べる資格がおすすめです。
formieのチーズソムリエ資格なら、わかりやすく網羅された内容をスマホで学べるので、初心者にもぴったりです。

チーズ資格

  • このエントリーをはてなブックマークに追加